2010年9月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:17 Sep 19 2010

「満州事変」79周年 鳴り響く警鐘、未来を啓示

 「満州事変」79周年を迎え、中国各地では歴史を振り返り、烈士を追想する様々な活動が行われた。

 少し前に、抗日戦争勝利65周年の記念イベントが国を挙げて行われたが、ここで再び、「満州事変」の痛ましい年月を振り返ってみよう。

 「勝利の記念」であれ、「国辱の銘記」であれ、全ては歴史を心に刻み、過去を忘れず、平和を愛し、未来を開拓するためのものであり、さらに堅実で力強い前進のために、歴史から重要な啓示と精神を学ぶためのものだ。

 偉大な民族というものは、歴史の傷を癒すのに長けているだけでなく、痛みの中から貴重な「免疫力」を得ることができる。

 歴史を心に刻むこととは、憎しみを長引かせることとは違う。歴史を鑑とし、未来へと向かうことだ。過去を忘れず、教訓を心に刻むことで初めて、歴史的悲劇の再来を免れることができる。

 今日、「満州事変」は我々にとって、「弱国に外交無し」、「遅れを取るとたたかれる」という深刻な教訓を意味するだけでなく、民族精神という高みから鳴り響く警鐘として、経済発展・実力増強のプロセスにおいて、いつも明晰な思考と憂慮を持ち続け、活力を保ち続け、さらなる決意を持って未来を開拓するよう呼びかけている。

 「国辱を忘れるな、中華を振興させよ!」。満州事変の記念日が近づくたびに、このようなスローガンを耳にする。我々1人1人の努力と奮闘を結集させ、民族復興に向けた偉力を一つにすることが、満州事変への最高の記念となり、我々が未来に向かっていく上での、確固とした回答となる。(編集SN)

 「人民網日本語版」2010年9月19日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古