2010年9月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:48 Sep 25 2010

温家宝総理とオバマ大統領が会談

米国が中国の完全な市場経済地位を承認し、対中輸出規制を緩和することを望む

 国務院の温家宝総理はニューヨークで23日(現地時間)、米オバマ大統領と会談を行った。双方は誠意的、実務的、建設的な雰囲気の中、中米関係や共に関心のある問題について深く意見を交換するとともに、重要な共通認識に達し、両国関係の未来に対して自信を持っていると一致して表明した。

 温総理は、「世界的な金融危機は中米各国の発展に大きなプレッシャーと試練をもたらしたが、一方で新たな協力のチャンスも提供した。双方は政治的・戦略的な相互信頼を高め、互恵・ウィンウィンの関係を堅持し、他国間・二国間分野で対話と協力を強め、意見の相違を適切に処理し、競争しあうライバルではなく、共に前進するパートナーとなるべきだ」とし、「米国は強大な経済的基礎と科学技術・人材的メリットがある。一時的な困難を必ず克服し、経済回復と成長を実現することができるだろう。このことは中国にとって有利であるだけでなく、世界にとっても有利だ」と述べた。

 温総理はまた、「中米経済関係が現在直面している問題は構造的な矛盾だ。全面的な考慮の上、総合的な措置を講じることで初めて少しずつ解決することができる。中国は米国と相互尊重・相互平等という基礎の上で、大局的・長期的な視点を持ち、財政・金融・貿易・投資に関する大規模な協力展開を模索し、共に世界金融の安定を維持し、中米の経済貿易関係のバランスと持続可能な発展を推進していきたい。米国が中国の完全な市場経済地位を承認し、対中輸出規制を緩和することを望む。人民元レート形成メカニズム改革を推進する中国の決心は固い。米国を含む国外の在中国企業はみな内国民待遇を享受している。これらの企業の中国経済発展への積極的な参与を歓迎する」と述べ、「中米は世界的な試練への対応、地域問題の解決、実務的協力の展開などの面で、幅広い共通利益を持っている。両国関係は二国間の範疇だけにとどまらず、世界にとっても重要な影響力を持っている。中国は米国と密接な協力関係を保ち、胡錦濤主席の来年の訪米に向けて積極的に準備し、中米関係を更なるレベルに高めていきたい」と強調した。

 オバマ大統領は「米国政府は中国と積極的な全面協力関係を打ち立てた。米中はG20の中で効果的な協力を行い、共同で金融危機に対応してきた。これは世界にとって非常に重要なことだ。双方は戦略・経済対話を強め、G20が達成した共通認識を着実に実施し、世界経済の持続的な回復を促進していかねばならない」としたほか、「米国は中国による人民元レート形成メカニズム改革推進に歓迎の意を表す。両国企業の相互投資拡大を奨励し、中国とエネルギー、環境保護などの分野での協力を強め、両国の貿易関係を根本的に改善する効果的な方法について共同研究していきたい。米国は中国との対話を通じて意見の相違を克服し、中国と共通利益を促進し、有力な協力関係を発展させることについて自信を持っている」と述べた。
オバマ大統領はまた、G20およびAPECの非公式首脳会議期間中に胡錦濤主席と会談することを表明、胡主席の来年の米国訪問を期待していると述べた。(編集SN)

 「人民網日本語版」2010年9月25日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古