2010年9月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:36 Sep 26 2010

外交部「中国は日本に謝罪と賠償を要求する権利がある」

 【特集】日本海上保安庁が中国漁船を拿捕する事件
 外交部の姜瑜報道官は25日、中国外交部の声明発表に対する日本外務報道官の見解について、記者からの質問に答えた。

 記者:報道によると、日本の外務報道官は9月25日、中国が発表した外交部声明に対して「中国漁船による公務執行妨害事件として、わが国法令に基づき、厳正かつ粛々と対応したものであり、謝罪や賠償といった中国側の要求は何ら根拠がなく、まったく受け入れられない」との見解を示し、「日中双方は引き続き戦略的互恵関係の充実を図っていくことが重要だ」とした。これについて中国側の反応は?

 姜瑜報道官:中国はすでに外交部声明の中で厳正な立場を全面的に述べている。重ねて言明すると、釣魚島及びその付属島嶼は古来より中国固有の領土だ。日本の行為は中国の領土・主権と国民の権利を大きく侵害した。中国が日本に謝罪と賠償を要求する権利があるのは当然だ。我々は日本が中日戦略互恵関係を充実させるために、実際の行動を示すことを希望する。(編集SN)

 「人民網日本語版」2010年9月26日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古