2010年9月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:29 Sep 29 2010

香港誌 日本の「新タカ派」が対中政策の逆転を主導 (3)

 チャイナスクールの出身者が隅に押しやられている状況

 外務省のチャイナスクールの出身者が隅に押しやられていることで、タカ派の強行対中政策はコントロールバブルやレギュレーターを失い、日本政府はさらに引くに引けない状態だ。

 日本の外務省には、中国語を学び中国問題を研究するグループが、長い年月の中で自然に形成されていった。谷野作太郎氏や阿南惟茂氏はその代表人物だ。そして中国に詳しい外交官が育成され、外務省内の知中派になった。そして以前の対中活動や政策の草案はそうした彼らが起草し、中日間に緊急事態が発生した時には自らの経験によって、中日の大局から事態の緩和に関して対策を講じた。

 しかし対中強硬派のタカ派からは、外務省の知中派は対中の「弱腰派」や「親中派」とされており、徐々に脇に追いやられている。今回の事件で知中派が発言するのは困難で、強硬なタカ派が主導して膠着状態に陥った。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」2010年9月28日

[1] [2] [3]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古