2010年9月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:26 Sep 29 2010

中日関係修復のため実際の行動を取るよう日本に促す

中国の漁業監視船への追跡・妨害行為の停止を望む

 外交部の姜瑜報道官は28日の定例会見で、中日関係に関する質問に「日本側は自国の巡視船が中国の領海で中国漁船を包囲・追跡・妨害し、衝突によって損壊させた事に対して、相応の責任を負うのが当然だ。中国は中日関係を重視している。中日関係の安定した健全な発展を維持するには、双方が共に努力し、向き合って前進すること、日本側が誠実かつ実務的な行動を取ることが必要だ。釣魚島付近の海域は中国漁民の伝統的な漁場だ。中国側が漁業監視船を派遣したのは、中国の法規に基づいて漁業管理活動を行うものであり、漁業生産の秩序を維持し、中国漁民の生命と財産の安全を守ることが目的だ。日本側が中国漁業監視船への追跡・妨害行為を停止するよう望む」と述べた。

 また「日本は釣魚島海域で不法に中国の漁船を拿捕し、乗組員を拘束したことで、全中国人民に強烈な憤りを巻き起こし、中日関係も深刻に損なった。中国側の報復措置は、日本側の行いに対しての取らざるを得ぬ反応に他ならない。日本側は実際の行動を取って、今回の事件による中日関係への悪影響を取り除き、両国関係を修復するために的確な努力をすべきだ」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年9月29日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古