2010年10月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:46 Oct 15 2010

「乱世の一兵卒」--小沢一郎

 小沢一郎・民主党元代表の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で、東京第5検察審査会は4日、小沢氏を起訴すべきだとする「起訴議決」を公表した。これを受けて民主党上層部は13日、会合を開いたが、小沢氏の処分について結論は出なかった。

 小沢氏は日本政界において重要な地位にあり、政治における権謀術数の集大成とも言われる。自民党の故金丸信氏はかつて、「平時の羽田、乱世の小沢、大乱世の梶山」と評したこともある。小沢氏は先月の党首選挙では敗れたものの、依然として日本政界で大きな影響力を持つ人物である。

 小沢氏は「王者の製造者」だ。同氏はかつて自民党の最大派閥・竹下派の中心人物であり、首相になるためには、党内のいかなる人でも小沢氏の支持が無くてはならなかった。海部俊樹政権の崩壊後、宮沢喜一氏ら3人が首相の地位を争った際も、みな小沢氏を訪ね、「面接」を受けた。自民党を離党した後も、小沢氏は引き続き「製造」を続け、細川、羽田、鳩山内閣を操作・支持し続けた。

 小沢氏はその一方で「破壊者」でもある。1993年、鳩山兄弟が自民党を離党し「新党さきがけ」を設立した後、小沢氏らも党内抗争の結果自民党を離れ、「新生党」を立ち上げた。小沢氏はその後、「非自民」勢力を集めて自民党の政権を失わせた。1994年に「新生党」が分裂し、小沢氏は「新進党」を打ち立てた。1998年、小沢氏はさらに「新進党」を離れて「自由党」を結成。2003年に小沢氏は「自由党」を率いて「民主党」と合併し、2006年には党代表に就任、2007年の参議院選挙で勝利を収め、安倍首相を首相の座から下ろし、さらに2009年には自民党の政権を再び奪った。

 しかし、小沢氏はここ20年間日本政界で勢力を誇ってきたものの、首相の地位とは縁が無かった。小沢氏は1991年に首相になるチャンスがあったが、健康上の理由から金丸氏の推薦を断った。1993年、首相になる意図はなかった小沢氏は細川内閣を「製造」した。そして2009年、首相の座が見えてきたというときに、金銭トラブルで辞職に追いやられた。今回の党首選挙は、小沢氏が権力のトップを目指してしかけた攻撃だったが、失敗に終わった。小沢氏の民衆における支持率が低い原因に、同氏の改革主張が多くの人の既存の利益に触れること、そして政治資金のあやふやさがある。

 小沢氏が日本の政界で様々な分裂や合併を行ったのは、権力のために他ならないという人もいるが、同氏には明確な政治的主張がある。湾岸戦争期間中、小沢氏は自衛隊の海外派遣を推進した。1993年には「日本改造計画」という本を出版し、日本が「普通国家」となることを提起した。ただ、小沢政治の傾向も変わってきており、最近では、日本は米国に服従する必要はないと語ったり、中米日の正三角形論を主張している。

 小沢氏は現在問題に直面しているが、日本の政界は同氏がまたいつか機会を待って動き出すだろうと見ている。国民新党の亀井静香代表も、「小沢がキバをむいたら大変なことになる」と語ったことがある。小沢氏は、前回鳩山氏とともに辞職したときも、今回の党首選挙敗退に際しても、何度も「一兵卒」という言葉を使い自分を表現してきた。「一兵卒」とは、彼の「捲土重来」に向けた宣言だと言えるだろう。(編集SN)

 「人民網日本語版」2010年10月15日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古