2010年10月19日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:18:15 Oct 19 2010

五中全会が本日閉会 今後5年の発展方針に注目

 中国共産党の第17期中央委員会第5回全体会議(五中全会)が本日閉会する。第12次五カ年計画の基本方針策定について議論し、今後5年間の経済・社会・民生発展の方針やビジョンを打ち出す今回の会議は、各界から大いに注目されている。「中国新聞網」が伝えた。

 今回の会議への関心は15日から4日間の会期を遥かに超えて高まっている。先月行われた中共中央政治局会議は、長年強調されている国政方針「科学的発展観」を改めて強調した以外に、今後5年間の中国の発展における「5つの堅持」の必要性に言及した。つまり(1)経済構造の戦略的調整を経済成長パターンの転換加速の主たる取り組みの方向として堅持する(2)科学技術の進歩とイノベーションを経済成長パターンの転換加速の重要な支えとして堅持する(3)民生保障・改善を経済成長パターンの転換加速の根本的出発点および着地点として堅持する(4)資源節約型社会、環境にやさしい社会の建設を経済成長パターンの転換加速の重点として堅持する(5)改革開放を経済成長パターンの転換加速の強大な原動力として堅持する----だ。

 メディアは政治局会議のこの表明に大いに注目し、「経済成長パターンの転換と民生保障・改善を今後5年の改革の中で全面的に強化し、各分野の改革の調和性・統一性を一層推進するとの強いメッセージだ」と分析している。

 新華社通信は「第12次五カ年計画に関する提言や権威ある声明はまだ明らかにされていないが、様々な兆しは、中国政府が今後5年間経済の質の向上を一層重視すると同時に、各分野の改革を調整・推進するため、地域の発展、産業構造の調整、経済・社会改革に関する多くの重要な政策・措置を実施する」と分析する。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年10月18日

中国共産党に関するより多くの最新報道はをご覧ください。

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古