2010年10月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:28 Oct 20 2010

社説:小康社会の全面的建設に向け、決定的な意味を持つ基盤を築く

 中国共産党の「第17期中央委員会第5回全体会議(五中全会)」が18日、閉幕した。人民日報紙は19日紙面で「小康社会の全面的建設に向け、決定的な意味を持つ基盤を築く」と題する社説を発表した。社説の概容は以下の通り。

 秋たけなわの頃、 五中全会が無事閉幕した。五中全会は、「十一五(第11次五カ年計画:2006-2010年)」 を完成させ、小康社会(やや豊かな社会)の全面的建設の完成に向けた肝要な時期に入るタイミングで開催された重要会議だった。同会議は、国家発展の重要な戦略的チャンスを捉え存分に活用し、国際金融危機への対応成果を強化・拡大し、長期的・安定的な経済のスピード発展を促進し、小康社会の全面的建設という新たな目標を達成し、中国の特色ある社会主義建設という偉大な事業を推進させる上で、極めて重要な意義を持つ。

 「十二五(第12次五カ年計画:2011-2015年)」 期間は、小康社会の全面的建設のための肝要な時期であり、改革開放を深化し、経済発展モデル転換を加速させる正念場の時期でもある。これから当面は、世情や国情に引き続き大きな変化が発生し、中国経済社会の発展に新しい段階的特徴が現れると予想される。国内外情勢から総合的に判断すると、中国の発展は引き続き、極めて重要な戦略チャンスの時期にあり、貴重な歴史上のチャンスに遭遇する同時に、予想しづらい様々な困難なリスクや課題にも直面するだろう。我々は、チャンスに対する意識と危機に対する意識を高め、発展規律を科学的に掌握し、環境変化に自発的に対応し、諸課題の効果的な解決を図り、中国の改革開放と社会主義現代化建設の推進に向けてさらに奮闘し、小康社会の全面的建設のために決定的な意味を持つ基盤を築き上げる方針だ。

党は、改革開放政策のスタート時に、「三歩走」戦略を確立させた。今世紀に入り、党は2020年 までに小康社会の全面的建設と達成するという目標を打ち出し、中華民族の現代化という願いが一歩ずつ現実に近づきつつある。中国発展における重要戦略のタイミングをしっかり捉え、小康社会の全面的建設のために決定的な意味を持つ基盤を築くことは、「十二五」事業に引き継ぐべき方向であり、全党全国各民族人民が担う歴史的使命の根本でもある。また、胡錦涛総書記を中心に据え、党の団結を図り、特色ある社会主義という中国の偉大な旗幟を高く掲げ、鄧小平理論と 「三つの代表」という重要思想を指導の柱とし、科学的発展観を徹底的に実行しなければならない。思想を解放し、事実に基づき真実を求め、時代とともに進 み、開拓・革新を進め、国民経済・社会発展のための「十二五」計画と小康社会の全面的建設という偉大な目標を実現するため、今後も奮闘していく。(編集KM)

 「人民網日本語版」2010年10月20日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古