2010年10月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:31 Oct 20 2010

中国漁業監視船隊が国家主権維持のため再び釣魚島海域の巡行へ

 東中国海区漁政局の漁業監視船・漁政202号(1000トン級)と黄渤海区漁政局の漁業監視船・漁政118号(1000トン級)、および江蘇省漁政総隊の公務船(500トン級)が10月14日午後、釣魚島の巡行へ出航した。中国漁政局の発表を「環球網」が伝えた。

 14日の出航式典で農業部漁政指揮部センターの居礼・副主任は「釣魚島海域を巡行し漁業を保護することは、国の主権を守るための行動、わが国の漁民の合法的権益を守るための行動であり、光栄かつ極めて困難な任務である。魚政118号があらゆる困難を克服し、巡行・漁業保護任務を無事達成し、中国漁政の良き姿を存分に示すことを望む」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年10月20日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古