2010年10月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:46 Oct 22 2010

無数のネットユーザーが五中全会について熱い議論

最大の期待は民生改善

 ここ数日、無数のネットユーザーの視線が1つの焦点に注がれている。中国共産党第17期中央委員会第5回全体会議(五中全会)の開催成功と第12次五カ年計画期間の発展の新たな青写真だ。新華網、人民網、新浪網等の大手ウェブサイトの掲示板からは、ネットユーザーがこの青写真の中で民生の保障・改善に最も高い関心を寄せていること、今後5年間で最大の期待も民生の保障・改善であることが見てとれる。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 あるネットユーザーは「第11次五カ年計画の期間中は、経済と社会事業の発展不均衡の問題が比較的目立った。民生の保障・改善は、大衆の最も関心を寄せる問題、最も差し迫って解決を要する問題から着手すべきだ。第12次五カ年計画の期間中に、政府が公共サービス、雇用、所得分配、社会保障、医療衛生改革などの分野で五中全会コミュニケの精神を本当に実行に移し、着実に達成することを期待する」と指摘する。

 ここ数年、全国両会(全人代・全国政協)や党代表大会が招集されるたびに、庶民の切実な利益と密接に関わる民生の話題が無数のネットユーザーの心を動かしている。民生分野や社会事業への支持や保障の強化は、ネット世論と合致するだけでなく、党と政府が誠心誠意人民に奉仕し、小康社会(ややゆとりのある社会)の全面的な建設に向けて不断に努力する上での重点だ。

 あるネットユーザーは「五中全会が民生の保障・改善を重要な位置に据えたことは、党と政府が今後5年間、より大きな決意をもって引き続き民生の難題の解決に取り組むことを十分に示している。科学的発展観の核心は人民本位であり、発展は人民に依拠し、発展は人民のためだ。したがって、人民全体を豊かにし、改革・発展の成果を享受できるようにすることは、経済発展の根本的出発点にして着地点であるとともに、国家の強大化の根本的目的でもあり、なおさらに我が党の使命である」と指摘する。

 「国を強くしたいのなら、まず民を豊かにしなければならない。都市部と農村部の住民所得の安定した増加、生活の質の顕著な向上、雇用状況の全面的な改善、社会保障システムのたゆまぬ改善。日々豊かになる暮らしの中で、庶民は希望に溢れてより豊かな小康への道を走る。こうして中国はようやく、人々の心を温かくする民生の答案を書き上げることができる」----。新華網の発展掲示板にある数多くのスレッドの中で、大きな共感を呼んだのがこの書き込みだ。

 民生改善の制度建設の過程で、ネットユーザーがさらに注目しているのは、庶民の幸福指数に関わる住宅や社会保障の問題だ。書き込みを見ると「低所得なのに不動産価格が高いため、庶民はマンションを見上げて溜息をつくしかない。党と政府が住宅保障予算を引き続き増額し、中の下の所得層の住宅購入を支え、早く誰しもが住宅を持てるようにすることを希望する」との声が強い。

 五中全会コミュニケが住民所得の比較的速い増加を強調すると同時に、「あまねく」という言葉を追加したことに、多くのネットユーザーが注目している。これは中央が今後、さらに強力な所得分配体制の改革措置を講じ、より多くの発展の成果がより広範な普通の民衆により公平に届くようにし、「国民共豊」の良性成長の構築に努めることを意味している。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年10月21日

中国共産党に関するより多くの最新報道はをご覧ください。

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古