2010年10月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:09 Oct 22 2010

釣魚島問題:中日間にいわゆる「密約」は存在しない

 外交部の馬朝旭報道局長は21日の定例会見で、釣魚島問題について、中日間にいわゆる「密約」は全く存在しないと指摘した。

 --日本政府筋の話として、小泉政権時に中国指導者との間で「日本側は釣魚島に上陸した中国人を拘束せず、中国側は船舶を釣魚島に近づけさせない」との密約がなされたとの報道がある。これは事実か。

 いわゆる「密約」は全く存在しない。報道は全くのデマであり中傷だ。陰険な下心で、民意をミスリードするだけでなく、両国の政治的相互信頼をさらに損ねるものだ。これによって生じる一切の結果は日本側が負わなければならない。釣魚島およびその附属島嶼は古来、中国固有の領土であり、国家の主権と領土保全を守るという中国政府の立場はかねてより明確で、揺るぎないものだ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年10月22日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古