2010年10月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:28 Oct 25 2010

日本政府「武器輸出三原則」の見直しを決定

 日本のメディアが23日に伝えたところによると、菅直人政府が「武器輸出三原則」の見直し検討を決めた。

 日本内閣は22日の役員会で、「武器輸出三原則」が直面している外部環境の変化について検討することで合意した。日本メディアの分析によると、政府が「武器輸出三原則」の見直しを決定したのは、主に武器の開発と生産をめぐる国際的協力が日増しに深化しているからだとしている。日本に導入される見込みのある第5世代戦闘機『F-35ライトニングII』は米英など9ヶ国の共同開発によるものだが、「武器輸出三原則」の規制を受けて、日本はその開発に関する具体的な情報が入手できない。

 これより先、菅直人首相は8月の参議院で、「日本政府は引き続き武器輸出三原則を堅持する」と強調した経緯がある。

 「中国国際放送局 日本語版」 2010年10月24日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古