2010年10月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:05 Oct 26 2010

李保東国連大使「国連は多くの試練に直面」

 中国の李保東国連大使は国連創立65周年に際して新華社の書面取材に応じ、国連が抱えている試練、国連改革に関する共通認識と溝などについて説明した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 国連が抱えている試練について、李大使は「世界の平和と発展という2つの大問題が根本的に解決されていない。局地戦争や衝突が時折発生し、地域の重大な問題は複雑に錯綜し、南北格差はさらに拡大している。人々の基本的な生活、さらには生命の安全までもが保障されていない国が多くある。一部地域では国際テロ勢力、民族分裂勢力、宗教過激派の活動がまだ相当活発だ。気候変動、金融危機、麻薬密輸、国際犯罪、深刻な感染症など、国境を越えた問題が日増しに先鋭化している」と述べた。

 李大使は「現在国際情勢には深く複雑な変化が生じている。普遍性、代表性、権威性を最も備えた政府間組織である国連自体も、多くの厳しい試練に直面している。例えば、いかにしてリソースを有効活用し、国連の作業効率、および各種の新たな脅威や試練への対処能力を高めるか。いかにして発展途上国の声を具現化し、発展途上国の利益を尊重し、守るか。いかにして国連の活動に対する監督や問責を強化するかなどだ」と指摘した。

[1] [2] [3]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古