2010年10月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:41 Oct 29 2010

温家宝総理とベトナム首相が会談

中越関係が健全で安定した発展を維持することは極めて重要

 温家宝総理は28日、ベトナムのグエン・タン・ズン首相とハノイ市内で会談した。

 温総理は「中国は今回の一連の東アジア首脳会議を非常に重視している。ベトナム側と意思疎通・協調を強化し、各国と共に東アジア協力の新たな進展を促したい」と表明。「複雑な国際情勢、アジアの構造の深いレベルでの調整という背景の下で、中越関係が健全で安定した発展を維持することは、両国さらにはこの地域にとって極めて重要だ。ベトナム側とハイレベル接触を維持し、首脳間ホットラインを設置し、各当局・レベルの協議を強化し、相互信頼を深め、溝を適切に処理し、共同発展を維持・促進していきたい」と述べた。

 ズン首相は「一連の東アジア首脳会議への温総理の出席は、中国側が東アジア協力を重視し、議長国としてのベトナムを支持していることを示すものだ。ベトナムは中国との包括的戦略パートナーシップの発展を非常に重視し、対外政策の優先的方針としている」と指摘。▽中国側とハイレベル相互訪問や各レベルの友好的往来を維持し、政治的相互信頼を強化▽経済貿易・農業・投資・インフラ・報道・通信分野の交流や協力を深化▽地域問題での協調・協力を強化し、東アジアの平和維持、共同発展促進のために積極的に貢献ーーする意向を表明した。

 温総理は「南中国海問題の適切な処理は、中越関係の健全で安定した発展にとって極めて重要だ。中越間にはすでに南中国海係争の解決に向けた交渉枠組みがある。海洋問題の解決を導く基本的原則について早期に協議・合意したい」と強調した。ズン首相もこれに賛同した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年10月29日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古