2010年10月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:32 Oct 29 2010

中国代表、国連で人権政策・主張を説明

 中国の王民国連次席大使は27日、第65回国連総会の人権問題に関する会議で、国際人権問題における中国の政策と主張を全面的に詳述した。

 王次席大使は「発展途上国の発展権の普遍的な実現は依然試練に直面している。人権は依然として、一部の国が他国の内政に干渉するための常用の道具となっている。こうした問題を解決するために、各国は発展権を一層重視し、誰もが経済グローバル化の成果を享受できるようにすべきだ。差別の撤廃に一層尽力し、調和世界を構築すべきだ。政治化と対立の除去を一層重視し、国際人権対話の良好な雰囲気を守るべきだ」と指摘した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年10月29日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古