2010年11月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:28 Nov 01 2010

中国、クリントン国務長官の発言に不満

 中国外交部の馬朝旭報道官は29日に「中国は、アメリカのクリントン国務長官の『釣魚島は米日安保条約の適用対象になる』という発言に強い不満を感じている」と述べた。

 28日、アメリカのクリントン国務長官が日本の前原誠司外相との会合後、「釣魚島は米日安保条約の適用対象になる」と発言した。

 馬朝旭報道官は「釣魚島は古代から中国の固有の領土であり、いうまでもなく主権は中国にある。米日安保条約は冷戦時代の産物であり、日本とアメリカ2ヵ国間の協定である。中国を含む第三者の利益を損なってはならない。中国政府と人民は釣魚島を米日安保条約に含まれるといった全ての言論と行動を絶対に受け入れない。中国は、アメリカと日本がこの地域の平和と安定に役立つことを行うよう望む」と強調した。

 「中国国際放送局 日本語部」 2010年10月29日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古