2010年11月1日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:12:09 Nov 01 2010

中国、「日本が中日首脳会談の雰囲気を壊した」

 中国外交部の胡正躍外相補佐官は29日にハノイで開かれたブリーフィングで「日本側の行動が中日両国の首脳会談に相応しい雰囲気を壊した。日本側は責任を負うべきだ」と述べた。

 この日、ハノイで中日両国の首脳会談は実現しなかった。

 これに対して、胡外相補佐官は「東南アジア首脳の一連の会議の前に、日本外交当局の責任者は他の国と共に釣魚島問題に焦点を当て、日本側は首脳会議の期間中、メディアを通じて中国の主権と領土保全を侵す発言を繰り返していた」と語った。

 胡外相補佐官は、「中国の楊潔チ外交部長は中日外相会合で、釣魚島問題における中国側の原則と立場を述べ、『釣魚島と付属の島々は古代から中国の固有の領土だ』と強調した。その後、日本側は、中日外相会合について真実ではない内容を流布した。日本側の行動は中日首脳会談に相応しい雰囲気を壊した」と指摘した。

 「中国国際放送局 日本語部」 2010年10月29日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古