2010年11月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:44 Nov 05 2010

中仏関係、全面的な発展に向けた新たな時期に

 胡錦濤国家主席のフランス国事訪問をまもなくに控え、駐仏中国大使館の孔泉大使はフランス駐在の中国人記者による合同インタビューを行い、中仏関係をめぐる重要問題について記者からの質問に答えた。孔泉大使は、「胡主席は2004年に続き、このたび再度フランスを訪問する。このことは、中仏両国が共同の努力を通じて両国関係における困難をすでに克服し、中仏関係の健全で急速な全面的発展に向けた新たな時期が到来したことを表す」との見方を示した。

 孔泉大使は、「胡主席は今回の訪問期間中、サルコジ大統領らフランスの指導者たちと両国関係や重大な国際問題について意見を交換し、意思疎通を図り、共通認識を求める。具体的には、国際情勢が複雑かつ深刻に変化する中、双方が共同の努力を通じて戦略パートナー関係の戦略性と全体性をいかに体現し、両国協力の時代性と革新性をいかに突出させるかについて、措置を検討する」と述べた。

 また、両国の経済貿易関係について孔泉大使は、「両国の貿易量のここ10年間における年平均成長率は18%となっている。また、今年上半期の成長率は34.7%と高く、年間400億ドルを突破する見込みだ。これは双方の経済貿易協力が良好な基礎を築き、長所を補い合っていること、そして発展に向けた大きな潜在力と協力の余地を有していることを表している」と述べた。(編集SN)

 「人民網日本語版」2010年11月3日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古