2010年11月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:17 Nov 05 2010

オバマ民主党、下院で過半数割れ 国民から厳しい評価

 2日投票された米中間選挙は即日開票され、共和党が下院で4年ぶりに過半数の議席を獲得した。上院でも共和党が大きく躍進し、民主党はかろうじて多数派を維持。37州で開かれた知事選でも、共和党が過半数の州で勝利を収めた。まもなく発足2年を迎えるオバマ政権は任期前半の評価が下される今回の選挙で、歴史的大敗を喫した。

 オバマ政権は今回の選挙で、自らが掲げる「変革」を逆手に取られる形となった。民主党の敗因について、米有権者からは「オバマ大統領は医療保険制度改革に全力を注いでいるが、結局はそれが保守系の草の根運動『ティーパーティー(茶会)』を躍進させることになった」と医療改革のあり方を批判する声や、「景気の立て直しを図れなかったことが経験やリーダーシップの不足を物語っている」と政策実行力に疑問を投げかける声があった。また「米国の政治家は選挙資金の調達、選挙運動、再選にかかりきりで、政務にかまっている暇がない」と皮肉めいた声も聞かれた。「中間選挙の結果がどうであれ、最終的な敗者は米国民だ」。

 「米国の分裂を生む破壊的で、耐えがたい選挙がようやく終わった」とため息が漏れる中で、「いや、選挙はまだ終わっていない。2012年米大統領選の火ぶたはすでに切って落とされた」とする声が聞かれる。

 オバマ氏を2012年の大統領選に出馬させるかどうかについて、民主党の内部ではすでに意見が分かれている。米AP通信などが行った調査によると、「オバマ氏の再出馬は危うい」と答えた人は47%、「問題ない」とした人は51%だった。(編集YT)

 「人民網日本語版」2010年11月5日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古