2010年11月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:32 Nov 05 2010

日本国会議員、中国漁船の「故意衝突説」を疑問視

 釣魚島海域の中国漁船衝突事件を撮影したビデオ映像が、日本の国会議員30人に公開された。日本のメディアは、中国漁船が日本海上保安庁の巡視艦に「故意に衝突」し、中国船長は「酔っぱらっていた」と躍起になって報道しているが、このビデオを見た国会議員の中には異なる意見を持つ人もおり、「一方的な言い分だと考えられる」という言葉を伝えた。環球ネットが報道した。

 日本のJ?CASTニュースは2日、「ビデオ映像は期待とかなり違っていた」とするある国会議員の話を紹介した。新党日本代表の田中康夫氏はブログで「『衝突』『追突』『接触』の何れと捉えるか、批判を恐れず申し上げれば主観の問題ではないか、と思われる程度の『衝撃』」と、公開された映像はある種、捏造された印象もあると指摘しており、ビデオを見た議員の中で同じように感じた人も少なくない。社民党の服部良一衆議院議員は「中国人船長を逮捕したこと自体に疑問がある」と話している。

 また漁船衝突事件が発生した時に日本国土交通大臣を務めていた前原誠司外務大臣が、「見れば一目瞭然」と言っていたのは、ビデオがすでに編集済みだったからではないのではという声も出ている。またビデオの全面公開を求める一部の意見に対して、国内の一部の専門家は「周りが海でほかに何もない状況下では、1台のビデオカメラの撮影だけで、中国の漁船が日本の巡視船にぶつかってきたことを断定することは出来ず、一方的な言い分だと考えられる」と話す。

 国会でのビデオ公開について中国外交部の報道官は「釣魚島とその附属島嶼は古来から中国の固有の領土だ。日本の海上保安庁の巡視船が釣魚島海域で中国側漁船を妨害し、追いかけ、遮り、包囲し、拿捕したこと自体が違法であり、中国の領土主権と中国漁民の正当な権利への深刻な侵害である。ビデオ映像によって事実の真相を変えることはできないし、日本側の行為の違法性を覆い隠すこともできない」とはっきりと指摘している。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2010年11月4日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古