2010年11月5日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:41 Nov 05 2010

日本政界に若手が台頭 中国の対日外交の難問に?

前原誠司外相

 中国側の反応はややヒステリックだ、中国はあしき隣人ーー。聞くにいかにも情緒的な言葉。飛び出したのは街頭で反中国を唱える右翼の口からではない。前原誠司外相と民主党の枝野幸男幹事長代理だ。「国際先駆導報」が伝えた。

 1人は外交の最高司令官、1人は民主党内で要職を務める議員が、中国に対しこのように強硬なのはなぜか。日本の政界で若手保守派が総じて力をつけていることが、大きな背景としてある。

 前原氏らの発言と行動はすでに彼ら自身を代表するにとどまらず、若手グループが発言する1つのチャネルとなっている。彼らが得る反響と拍手も、その強硬な胆力と保守的な精神をさらに強めているのだ。

 今日の民主党内では一体、強硬な若手は誰なのか。彼らの発言や政策、とくに中国に対する主張は今後、中日関係にかなり影響を及ぼすだろうか。次第に羽を強くしつつある若手を相手にするために、中国はすでに準備を整えたのだろうか。

[1] [2] [3] [4] [5]

民主党の枝野幸男幹事長代理
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古