2010年11月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:50 Nov 15 2010

APEC首脳会議、胡錦濤主席が重要演説

 第18回アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議(横浜)は14日、ヨコハマインターコンチネンタルホテルで2日目の会議を開き、胡錦濤国家主席が重要演説を行った。各国首脳はボゴール目標達成の評価、地域経済統合、WTOの多角的貿易交渉(ドーハ・ラウンド)、APECの今後の発展などについて意見交換した。

 胡主席は「今年はAPECに加盟する先進国がボゴール目標を達成する最終期限だ。これはAPECの発展にとって一里塚的な意義を持つ。APECは引き続きボゴール目標の精神を堅持し、新たな情況に自ら適応し、新たな挑戦に積極的に対処し、自らの強みを発揮して、たゆまず改革・改善を進めるべきだ」と指摘。APECが一層の役割を発揮すべき分野として以下を挙げた。

 (1)引き続き貿易と投資の自由化・円滑化を推進し、地域経済の統合を加速する。

 (2)成長戦略の実施を加速し、経済成長の質を高める。

 (3)経済・技術協力を強化し、発展途上国が自ら発展する能力、経済発展の内生的動力を高める。

 胡主席は「中国は各国と互いに参考にし、長所を取り入れ短所を補い、対等に協力して、共同発展を図りたい。中国は引き続き各加盟国との関係を積極的に発展させ、平和・安定、対等・相互信頼、協力・共栄の地域環境の創出に各国と共に努力し、平和が永続し、共に繁栄する、調和あるアジア太平洋の建設に向けて積極的に貢献していく」と表明した。(編集NA)

  >>【特集】 胡錦涛主席、G20・APEC首脳会議に出席

 「人民網日本語版」2010年11月15日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古