2010年11月16日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:54 Nov 16 2010

外国メディアが目にした「ノーと言える中国」 G20サミット

 今回の20カ国・地域首脳会議(G20サミット)で、中国の立場や役割は開幕前から外国メディアの注目を集めていた。G20サミットの開催期間中、中国の記者は中国の最新動向について、外国の記者から何度も質問を受け、外国メディアの情報源とさえなっていた。サミットの終了後、外国メディアの記者数人を取材したところ、サミットの報道において、中国はなくてはならないキーワードであり、議論の焦点にもなっていることが分かった。中国紙、広州日報が伝えた。

 サミットの報道センターで外国メディアの記者に取材したところ、21世紀に入って相次ぐ国際的せめぎ合いのほとんどが米国と中国をめぐるものである、との認識で一致していた。米国の力が弱まる一方、国際社会における中国の発言権がますます強まっている。こうした背景のもと、欧米各国の首脳の間にも、中国に歩み寄りを示し、今回のサミットを和やかで団結したものにしようと努める動きがみられた。

 英紙「中国の目標は現実的」

 英フィナンシャル・タイムズ紙の記者クリス・ギリス氏は、今回のサミットで折り合いが付かなかった問題もあるが、米国は2012年に大統領選挙を控えているため、この2年間でより実質的な会談に乗り出すとみられる、と指摘。また、次期G20サミットの議長国フランスも各種議題の解決に取り組むだろう、との見方を示した。

 中国は実力の向上に伴い、国際問題における発言権が強まり、一段と強硬な姿勢を打ち出しているようだ、と語るギリス氏。記事の中で、中国は現実的な目標を掲げており、一歩も譲らない姿勢を鮮明にしていると指摘、サミットの交渉において重要な位置付けにあるとした。「発展途上国を含め、いずれの国にもボトムラインがある」----。

[1] [2] [3]

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古