2010年11月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:06 Nov 22 2010

310漁業監視船が初めて釣魚島へ 日本側に妨害される

 中国の最新鋭の漁業監視船・310漁業監視船は20日午前6時、初めて釣魚島海域に入り、201漁業監視船と編隊を組んで、中国の漁船を保護するための巡航を始めた。

 同海域に入ってまもなく、日本「海上保安庁」の巡視船に尾行され、同海域を離れるよう「警告」された。中国側は、「釣魚島は中国の神聖なる領土であり、自国の海域で正当な漁業管理業務を執行しているのだ」と厳然と拒否した。

 日本側は巡視船7隻、偵察機2機、ヘリコプター1機を出動し、中国の漁業監視船の巡航を妨害した。中国側が、妨害を止め、中国の釣魚島海域を離れるよう要求した。その後、310船と201船は所定の計画どおり巡航を続けた。

 今回の巡航任務の担当者は、「釣魚島海域で漁船を保護するための巡航は続けていく。これは中国の漁業行政の専属経済区管理のための重要な海域の一部である」と語っている。

 中国漁業行政は農業部の傘下にあり、中国の海洋権益を守り、海洋生物資源を保護し、漁民の安全生産を確保する責任を担っている。近年、東中国海、特に釣魚島海域で、中国漁民の漁労作業が何回も妨害され、漁民が拿捕される事件が度々発生している。そうした状況の中、中国漁業行政が巡航を強化し、漁民の安全を保護する必要性が特に大きくなっている。

 中国外交部の報道官も先般、中国の法律に則って、中国漁業行政は今後、釣魚島付近の海域での巡航を常態化し、さらに強化していくことを明らかにした。こうした背景のもとで、中国の310漁業監視船が釣魚島へ赴いたのである。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」2010年11月21日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古