2010年11月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:17 Nov 23 2010

米メディア:釣魚島付近への自衛隊配備は中日関係を一層損なう

 中日船舶衝突事件の発生以来、中日関係は摩擦が絶えない。米メディアは21日、「もし日本が係争島嶼・海域付近への自衛隊配備に固執するなら、両国関係はさらに深刻に損なわれるだろう」と報じた。「環球網」が伝えた。

 米ブルームバーグ通信は、日本防衛省が係争領土近くの与那国島へ陸上自衛隊の配備を計画しているとの日本メディアの報道を紹介し、これによって釣魚島からわずか330キロに自衛隊の大部隊が配備されることになると指摘。米テンプル大学アジア研究センターのジェフ・キングストン所長の話として「日本の行動は激しい反応を引き起こすに違いない。係争地域付近への自衛隊配備について、北京がプラスの意味で理解することは絶対にないからだ」「中国と日本はかつて衝突緩和のために各々努力した。これも本来は解決可能な局面なのだが、最近の日本の配備の動きのために制御不能になってしまった」と伝えた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年11月23日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古