2010年11月23日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:09 Nov 23 2010

中ロ首相定期会談委員会が第14回会議を開催

 中ロ首相定期会談委員会は22日、14回目の会議をサンクトペテルブルクで行った。中国の王岐山副総理とロシアのジューコフ副首相が共同議長を務めた。

 王副総理は「昨年の両国首相定期会談以来、中ロ戦略的協力パートナーシップは引き続き深く発展し、政治的相互信頼は不断に深まり、各分野の実務協力は顕著な成果を上げた。今回の会議で双方は今後の協力の重点や互いの関心事について踏み込んで意見交換し、重要な共通認識に至り、間もなく開催される両国首脳会談への良い地ならしをした。中ロ経済協力には戦略的意義がある。双方は今後も首相定期会談委員会という枠組みの重要な役割を十分に発揮し、現状に立脚し、長期的視点で、率直に意思疎通をし、プラスの成果をさらに多く達成し、すでに高水準にある各分野の協力をさらに上へと高めるべきだ」と述べた。

 ジューコフ副総理は「過去1年、ロ中経済貿易協力は世界金融危機による厳しい試練にさらされたが、すでに急速な回復と発展の軌道に戻った。両国のエネルギー協力は重大な進展を遂げ、ロ中原油パイプラインの順調な竣工によってロ中協力全体の水準が高まった。両国は原子力、石炭、電力、木材高度加工などの分野で新たな進展を遂げ、ロ中地域間協力綱要もしっかりと実行されている。ロシアは対中協力を非常に重視している。間もなく開催される両国首相の定期会談やこの会議を契機に、協力規模を拡大し、協力分野を開拓し、両国の実務協力を全く新たな水準へと高めるべく努力する」と述べた。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年11月23日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古