2010年11月24日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:37 Nov 24 2010

日本の釣魚島占拠の裏にある「陰謀」と「陽謀」

 文=商務部研究院日本問題専門家 唐淳風

 釣魚島の問題は、既に30年以上も討論がされてきた。多くの専門家がこの問題について、深く掘り下げた研究を行ってきた。しかし、日本人は我々の研究に基づいて、釣魚島の問題を争おうというのではない。彼等が釣魚島を占拠しようとするのは、4つの戦略的な重要性があるからだ。

 その1、日本の領土拡大における釣魚島の重要性

 「釣魚島」は離れ小島ではない。11の無人島から成る群島で、3つの無名の小島(低潮時に水面から露出する総面積は20キロk?を超える)を除いても、水面下に陸地を有する8つの島の総面積は181k?に達し、これは北京市内8区の面積、580k?の三分の一に相当する。

 釣魚島の多くは隆起した珊瑚礁に囲まれ、低潮時には大面積の珊瑚礁が水面上に露出し、島嶼の水域の範囲は8,400k?以上になる。「海洋法に関する国際連合条約」が規定する12海里(22.3?)に基づくとすれば、その領海面積は19,577k?近くになる。200海里の領海範囲及び350海里の排他的経済水域に基づくとすれば、総面積は日本の国土の何個分にもなり、周辺の重複する海域を除いても、この水域の総面積は10数万k?を越える。

 よって、中日が奪い合う釣魚島は、領土面積の上で日本の国土の半分に相当するというだけでなく、その戦略的意味は領土面積の問題を遥かに越えている。

[1] [2] [3] [4]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古