2010年11月25日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:43 Nov 25 2010

米空母と朝鮮を警戒 日本の護衛艦が緊急出動

 「環球ネット」は「日本新聞ネット」の24日の記事として、日本の防衛省は23日夜、自衛隊は全ての警戒体制を起動し、朝鮮と韓国の軍事動向を監視するよう指示したと伝えた。

 日本の海上自衛隊の2隻の護衛艦は24日午前、朝鮮半島につながる日本海を航行し初め、P3C哨戒機もこの海域で情報収集にあたっているという。

 防衛省によると、新潟県と秋田県にある陸上自衛隊の通信基地は全てのレーダーを起動し、朝鮮の通信電波の盗聴や監視を強めて、朝鮮の軍事動向をすぐにとらえるとしている。

 また米海軍第7艦隊の空母「ジョージ・ワシントン」といくつかの駆逐艦は、24日午前に横須賀港を出発し、朝鮮半島付近で警戒にあたることになっている。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」2010年11月24日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古