2010年11月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:39 Nov 26 2010

韓国と朝鮮の砲撃戦 先制攻撃は韓国側

 韓国軍の関係者数人は24日、朝鮮は23日に韓国に対して警告し、論争のある海域での軍事演習を中止するよう求めていたことを認めた。「環球ネット」が伝えた。

 これらの関係者によると、韓国側は朝鮮側の要求を拒否し、論争のある海域にむけて砲撃したが、砲弾は同海域に落ち、朝鮮側の海岸線には到達しなかったという。

 この証言は、韓国が朝鮮の領海に数十発の砲弾を発射したという朝鮮人民軍の証言を裏付けるものだ。

 朝鮮の砲撃に対して韓国は、口径155ミリの115K?9自走砲を発射してF?16戦闘機を出動させ、朝鮮側の目標を攻撃した。ソウルの軍関係者は、朝鮮はある程度の痛手を受けたと見ている。

 双方の対応射撃は1時間ほどだった。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」2010年11月25日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古