2010年11月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:48 Nov 26 2010

グアムが「スーパー基地」に昇格 中朝ミサイル対策?

 英デイリー・テレグラフ紙の先日の報道によれば、米軍は128億ドルの資金を投じ、グアム島の空軍基地と海軍基地を強化し、グアム島をペンタゴンの「スーパー基地」に昇格させることを計画中。さらに、2013年までに、2.14億ドルを投じて、インド洋のディエゴガルシア島米軍基地を強化する計画もあるという。

 戦後最大となる米国の西太平洋地区への投資

 グアム島改造計画には、空母寄港地1カ所と実弾演習場の複数増設や、アンダーセン空軍基地拡張、そして、ミサイル迎撃システムの配備等が含まれている。また、アプラ港に深水埠頭を建設し、寄航する原子力空母への燃料補給に使用、さらにその原子力潜水艦の収容能力を5隻まで拡大する予定だ。

 それとともに、米空軍は今後5-10年の間、アンダーセン空軍基地に10-20億ドルを投じ、滑走路と約80万平方メートルの駐機場を増設する計画だ。完成すれば、滑走路は2本から3本に、戦略爆撃機の容量も現在の150機から200機以上になるという。

 さらに、アンダーセン空軍基地には「攻撃及び情報・偵察・監視ネットワークセンター」を建設し、徐々にグアム島を「地域指揮機関」に仕立て上げようとしている。ミサイル迎撃システムは、戦域高高度防衛ミサイルTHAAD、「PAC-3」ミサイル、そして「地上発射型中距離対空ミサイル」(SLAMRAAM)を含む 三つのサブシステムから成るものである。THAADの迎撃目標は射程2000キロの中距離弾道ミサイルで、「PAC-3」は主に端末迎撃に用いる。SLAMRAAMシステムは主に巡航ミサイルやヘリを迎撃するためのものである。

 この他、グアム島基地では飛行機、弾薬及びその他重要物資のための防空壕を建設予定である。この防空壕は通常弾頭搭載の弾道ミサイル攻撃を防御できるという。報道によれば、これは米国の西太平洋地区軍事基地に対する戦後最大の投資となる。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古