2010年11月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:50 Nov 30 2010

朝鮮は脅せないが、北東アジアに衝撃を与える米空母派遣

韓国側の公開した、朝鮮に砲撃された延坪島の写真。韓国軍の陣地は火の海と化した。

 米韓の合同軍事演習が28日、黄海海域で行われた。米軍は空母「ジョージ・ワシントン」や9600トンクラスの巡洋艦、9750トンクラスの駆逐艦を演習のために派遣している。韓国側の考えは朝鮮に圧力を加えることで、南北砲撃戦後の韓国社会の安心感を高めようとの単純なものかも知れない。だが空母の存在そのものが余りにも大きい。こちらの船室内に韓国側の考えを積んでも、あちらの船室内に何を積んでいるのかはわからない。韓国は自国にとって不利な複雑化が生じていることを警戒すべきだ。人民日報傘下の国際情報紙「環球時報」が伝えた。

 米韓両国は24日、黄海での軍事演習に空母「ジョージ・ワシントン」を派遣すると発表した。韓米は、現在なら黄海軍事演習への米空母投入を発表しても、中国は声高に反対しにくいと考えているのかもしれない。韓国社会は悲痛の中にあり、中国の強硬姿勢は韓国社会の反発を招きやすいからだ。

 だがすべきでない事は、たとえ悲痛の中にあってもすべきでない。黄海軍事演習への米空母の参加が慣例となれば、黄海の戦略環境は変化し、北東アジアは朝韓砲撃戦よりもさらに強いレベルの衝撃を受けるだろう。

 韓国は韓米軍事同盟強化の唯一の狙いは朝鮮であり、中国とはなんら関係がないとしばしば表明している。このような説明の真偽がどうあれ、少なくとも米国の考えはこれほど単純ではない。米国は日本やオーストラリアとの軍事同盟を強化している。中国人は米韓軍事同盟の強化を、こうした行動の一環として見ている。こうした懸念は国際社会からおかしいと思われるものではない。

 韓国は朝鮮半島の対立国の一方だが、朝鮮半島の膠着は北東アジアの構造の一部であり、北東アジアはアジア太平洋の構造において最も緊張の高い地域でもある。中心に位置する国として韓国の行動は全局面に影響を及ぼしうる。こうした意識は韓国の政策決定者が当然備えるべきものだ。

[1] [2]

7月25日に日本海で行われた米韓合同軍事演習「不屈の意志」。米空母「ジョージ・ワシントン」と韓国海軍「独島」が参加した。
関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古