2010年11月30日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:36 Nov 30 2010

日米合同軍事演習、米韓の後に実施

 米国と韓国は28日から合同軍事演習を黄海で始めた。日本の共同通信社によると、朝鮮が再び「武力挑発」に出る可能性に備えての対応だという。日本の防衛省、自衛隊および米軍は密に協力し、日本周辺の警戒監視態勢を強めている。警視庁も不測の事態に備え、情報収集を進めている。中国新聞網が伝えた。

 米韓合同軍事演習は来月1日まで続けられる。その後、12月3日から10日にかけ、日本の自衛隊と米軍が日本各地、周辺海域・空域で合同演習を行う予定。合同演習には米海軍原子力空母ジョージ・ ワシントン(GW)も動員され、日米の約4万4千人、艦艇60隻、航空機400機が参加する。(編集KA)

 「人民網日本語版」2010年11月30日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古