2010年12月2日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:23 Dec 02 2010

「朝鮮を服従させられる」は自他ともに欺く考えだ

 中国による6カ国協議再開の提案に対する韓国の反応は非常に冷淡だ。これが韓国政府の本心とは限らないが、韓国社会は現在激しい感情に左右されており、理性的であろうとする者はいない。6カ国協議は情勢を効果的にヒートダウンすることができるが、韓国社会は現在、怒りを晴らすことをより望んでいる。人民日報傘下の国際情報紙「環球時報」が伝えた。

 現在韓国はインターネットから大手メディア、さらには政府の政策決定層に至るまで、ほぼ一致して強硬姿勢を見せている。これは韓国の団結のようにも見えるが、実は正常なことではない。韓国外交通商省と青瓦台(大統領府)は、韓国ネットユーザーにはない知恵や長期的視点を備えているのが当然だからだ。

 韓国は朝鮮よりずっと国力が強いうえ、米軍との防衛協力もあるため、延坪島砲撃のような事件が起きたとしても、韓国の大きな安全保障は揺るぎようがない。韓国社会はこれについて、事実に基づき考えるべきだ。朝鮮半島に現在必要なのは南北摩擦の回避だ。ひとたび摩擦が生じたら、そのヒートアップを抑制する能力が必要だ。北方「大規模侵略」と映画「ザ・デイ・アフター」のような悲劇の発生確率は大差ない。

 中国は韓国が怒りを晴らすことを手助けするわけにはいかないが、朝鮮半島の緊張緩和を真摯に手助けし、韓国が苦痛に備える南北摩擦を緩和する方法を模索している。中国は韓国が一時の快さではなく、根本的な利益を達成することを手助けしている。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古