2010年12月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:22 Dec 06 2010

釣魚島をまっすぐに目指す日米合同軍事演習

 日米両国は3日から、沖縄周辺海域において大規模な合同軍事演習を実施する。米原子力空母「ジョージ・ワシントン」も参加する今回の軍事演習の規模は、終了したばかりの黄海での韓米合同軍事演習の6倍に上り、第2次世界大戦後に日米が「中国を仮想敵とした」実兵軍事演習を実施するのは今回が初めてだ。

 東中国海での演習に向かう韓国を離れた米空母

 報道によると、今回の軍事演習には日本の陸海空の自衛隊員3万4100人と米兵1万400人、米韓合同軍事演習を終えたばかりの米空母「ジョージ・ワシントン」も横須賀米軍基地に戻らず参加する。

 米国側は、日本周辺で海上自衛隊と軍事演習を引き続き実施し、朝鮮半島情勢の動向に注意すると強調している。

 釣魚島に照準をあわせた日米演習

 日本共産党の日刊紙「しんぶん赤旗」は、今までの日米軍事演習は、中国、朝鮮、ロシアを事実上の仮想敵としていたが、今回の軍事演習は明らかに当面の朝鮮半島情勢や、中日の釣魚島問題の紛争に焦点をあわせていることは間違いなく、東アジア地域の軍事的緊張を高めることは必至だと報じている。

 またあるアナリストは、今回の日米軍事演習の主な内容は、沖縄以東の海域の島の防衛で、中国漁船衝突事件発生後の釣魚島を目指した特定演習だとははっきり言っていないが、その主な目的は軍事演習を通じて日米同盟の強大さを誇示し、中国をけん制することは否定できないだろうと話す。

 その他にも日米軍隊は、今の朝鮮半島情勢に対して、自衛隊の各基地や周辺海域、空域において、朝鮮によるミサイル襲撃を想定したミサイル迎撃演習を実施することにしている。

 武力誇示は朝鮮半島問題の解決にはならない

 北京で2日に行われた定例記者会見で、外交部の姜瑜報道官は日米合同軍事演習について、「軍事同盟や武力示威などでは朝鮮半島問題を解決することはできない。対話が唯一の道だ。今このような軍事演習は多い。私たちは関係各方面が、朝鮮半島の平和や安定保つことが出来るという観点から出発することを願っており、積極的な努力を多くすることであり、まったく逆な行動ではない」と語った。

 「中国網日本語版(チャイナネット)」 2010年12月5日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古