2010年12月6日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:12 Dec 06 2010

日本外相がロシア側にからかわれながらも南千島群島を視察する理由

 「日本の指導者が自分の領土からわが国の美しい風景を眺めることには全く反対しない」ーー。日本の前原誠司外相が日ロ間で係争のある島々を視察する意向を示した際、ロシア外務省高官はこう述べて大いにからかった。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 近年日本は島々の帰属問題について、しばしば隣国と衝突している。ロシアの支配する南千島群島(日本名:北方四島)についてもしきりに行動を起こしているが、その背後の動機は、このいくつかの小島を取り戻そうという単純なものからは程遠い。

 第1に日本は冷戦終結以降、「普通の国になり」、再び政治大国化しようとの欲望を日増しに強めている。現在日本は「被害者」の立場で領土をせがむことで、第二次大戦後の世界地図を塗り替え、政治大国化の夢を実現しようとしている。

 第2に南千島群島はオホーツク海と太平洋の境であり、軍事戦略上日ロ双方にとって重要で、「4隻の不沈空母」と呼ばれている。中でも単冠湾は大型艦隊の基地として使用できる。これによってロシア太平洋艦隊は太平洋に直接入ることができ、日本側は非常に不安な状況に置かれる。日本側がここを占有すれば、北海道より北に戦略上の防御壁を築き、天然の障壁とすることができる。

 第3に、南千島群島とその近海には豊富な資源が眠る。特に石油・天然ガスは、資源に乏しい日本のエネルギー安全保障強化にとって、重要な意義を持つ。

 この他、領土問題は敏感な民族感情や国の栄辱の問題に関わってくる。日本政府要人はこの問題で強硬姿勢を示し、非難され続けの外交で点数を稼ぐことで、右肩下がりの内閣支持率の回復を狙っている。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年12月6日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古