2010年12月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:13:25 Dec 07 2010

社民党 武器輸出三原則の見直しに反対

 社民党の福島瑞穂党首は5日、千葉県八千代市での街頭演説で、北沢俊美防衛相が目指す武器輸出三原則見直しに関し「菅直人首相に『見直しは駄目だ』と、がつんと言う」と述べ、6日の党首会談で堅持を求める考えを示した。

 共同通信が伝えたところによると、福島氏は街頭演説で、「日本の武器を海外に売るかどうかの岐路だ。いったん軍需産業に依存したら、戦争がないと生きていけない社会になる」と懸念を表明した。

 日本内閣は1967年、武器輸出三原則を発表し、共産圏(社会主義国)、国連での武器輸出禁止決議国、紛争当事国には武器を輸出しないという原則を定めた。(編集SN)

 「人民網日本語版」2010年12月7日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古