2010年12月7日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:05 Dec 07 2010

カンクン会議、発展途上国の排出量削減を支持

 メキシコのカンクンで開かれている国連気候変動会議は、排出量削減に努める発展途上国を支持する決議案を採択した。10日に全体会議に提出して最終的な討議が行われる。

 国連事務局長のマーティン報道官は6日、ニューヨークの国連本部で行われた定例記者会見で、「この決議案には技術の移転に関する詳しいプロジェクトが盛り込まれている。また、各国は、気候変動への教育や訓練を強化することや、公衆の意識向上などのための資金投入を増加することなどで一致している。さらに、国の政策決定及び国連気候変動に関する交渉で、民間の参与を強化することで合意した」と述べた。

 同時に、マーティン報道官は「パン・ギムン事務総長は7日、カンクン会議に出席する。また、この日の夜、ハイレベル会議の開幕式で講演し、各分野で全面的でバランスのとれた進展を挙げるよう、各国を促す」ことを表明した。

 カンクン会議は、6日閣僚級交渉が始まった。各項目に関する交渉は新しい段階に入り、カンクン会議も最も重要な段階に入った。

 「中国国際放送局 日本語版」 2010年12月07日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古