2010年12月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:18 Dec 08 2010

カンクン会議議長、「京都議定書」が難題

 国連のカンクン会議の議長を務めるメキシコのエスピノサ外相は、6日の記者会見で「現段階の問題は、 『京都議定書』の第2約束期間と気候変動の減速といった目標である」と示した。

 「京都議定書」の第2約束期間は2013年1月に発効し、先進国は、この約束期間における削減目標を確認しなければならない。しかし、日本、ロシア、カナダは第2約束期間を受け入れず、「新しい排出量削減のシステムを希望する」と表明した。これに対して、多くの発展途上国は「法律的な約束を履行しない行為だ」と非難している。

 会議のもう1つの難問は、いかにして気候変動を減速させるかということ。エスピノサ議長は「現在のところ、ここ数ヶ月に打ち出した減速目標を放棄すると表明した国はない。いまの問題は、いかにして自分の考えをより分かりやすく表現するかである。これは、会議がバランスの良い結果を出すことや、最終的にその結果を決議に盛り込むことを助けるだろう」と主張した。

 「中国国際放送局 日本語版」 2010年12月08日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古