2010年12月8日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:10:19 Dec 08 2010

EU、『京都議定書』新約束期間の受け入れを呼びかけ

 EU・欧州連合は6日、カンクン国連気候会議で、各方面が『京都議定書』の新しい排出削減約束期間を受け入れるよう呼びかけた。

 またEUは各方面が交渉の中で、より柔軟な態度を取ることを希望した。

 カンクン会議が開かれてまもなく、日本は強い態度で、『京都議定書』の第2約束期間の数値目標について、承諾しないことを表明した。これに、カナダなどの先進国が追随している。一方、べネズエラやエクアドル、ボリビアなどの米洲の国は、先進国が新しい約束期間を受け入れなければ、いかなる協定にもサインしない」と示した。

 なお、『京都議定書』は現在において、気候変動問題に対応する唯一の法的拘束力のある協定であり、約40の先進国およびEUに強制的な排出削減目標を立てた。その第1期約束期間は来年期限切れとなり、第2期約束期間の削減数値目標が注目されている。

 「中国国際放送局 日本語版」 2010年12月08日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古