2010年12月9日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:42 Dec 09 2010

カンクン気候変動会議 ラストスパートの段階に

 第16回国連気候変動枠組条約締約国会議(COP16)の閣僚級会合が7日、メキシコ・カンクンで開幕した。これによりカンクン会議は実質的な協議の段階に入ったことになる。同日行われた開幕式には、国連のパン・ギムン事務総長、メキシコのカルデロン大統領、エチオピアのメレス首相をはじめとする国家元首や政府首脳が多数出席した。

 パン事務総長はあいさつの中で、各方面に「理知的、柔軟、歩み寄り」の精神に基づいてカンクン会議が成果を上げることを推進しようと呼びかけた。カルデロン大統領は「千里の旅も、足下の一歩から始まる」という中国のことわざを引いて、各方面に対し、残された時間を十分に活用して積極的に話し合いを進め、できるだけ早くバランスの取れた合意にこぎ着けることを呼びかけた。

 世論の分析によると、カンクン会議では各方面の問題点が噴出し、それらが相互に絡み合って、2日間ですっきりと整理することは難しいとみられる。争いは避けられず、相互に妥協し合うことが必要だ。これに対し、中国政府代表団の解振華団長は6日の記者会見で、各方面が相互信頼、歩み寄り、柔軟な態度によって、違いを縮小し、共通認識を拡大する必要があると呼びかけた。解団長は「最終的な結果は、全員が不満を持ちながらも、受け入れ可能な結果でなければならない。これは相互利益の結果となる」と述べた。(編集KS)

 「人民網日本語版」2010年12月9日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古