2012年4月26日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:14:14 Apr 26 2012

日本は「京都議定書」を葬れるか?

 第16回気候変動枠組み条約締約国会議および第6回京都議定書締約国会合(COP16/CMP6)がメキシコ・カンクンで開催されている。「京都議定書」第1約束期間(~2012年)以降の温室効果ガス排出削減目標を拒むとする日本代表の強硬な態度に、発展途上国が反発的な意見を出している。日本は1997年に京都市で開催された第3回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP3)の議長国である。その会議で採択・締結されたのが「京都議定書」だ。だが今になって「京都議定書」目標を放棄しようとしている。その背景を見てみよう。

 カンクンでのCOP16会議が開催される前、日本の産業界による何度かの「京都議定書延長反対」の訴えが出ている。

 11月16日、日本経済団体連合会が公開した意見書には、「議定書がひとたび延長されれば、(京都議定書で削減義務を負わない)米国や中国などの新興国が参加するモメンタムは著しく損われる」と述べられている。

 11月24日、日本自動車工業会、日本鉄鋼連盟など9つの業界団体が共同会見を開き、「COP16等に向けた産業界の提言」が発表された。それによると、京都議定書には主要排出国である米国や中国が加わっていないことから「実効性の乏しい枠組み」と指摘し、議定書の延長は「産業の国際的なイコールフッティング(競争条件の均等化)を妨げる」ものであり、「日本の産業の国際競争力低下を招く」としている。また、日本政府の「地球温暖化対策基本法案」に対し、「温室効果ガスの排出量を2020年に1990年比25%削減する」目標について、国民生活および雇用にどう影響するか「十分な判断材料を示すべき」と訴えている。

[1] [2]

印刷版|コピー|お気に入りに登録
  • 分かち合うへrenren.com
  • 分かち合うへt.qq.com
みんなの感想

名前

コメントを書く コメント数:0

   

最新コメント
  週間アクセスランキング
  評 論      プレスリリース
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古