2010年12月13日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:09:43 Dec 13 2010

火に油を注ぐ米空母の増派 東アジア情勢がより緊迫か

資料写真:原子力空母「カール・ビンソン」

 米軍の原子力航空母艦「ジョージ・ワシントン」が現在、日本海域で8日間にわたる日米合同軍事演習に参加しており、米海軍は7日にさらに原子力空母「カール・ビンソン」を西太平洋に増派した。

 韓国と日本のメディアが報道しているように、米韓が今月末と来年1月に再び合同軍事演習を展開、かつ米軍の2大航空母艦が同時に参加するとなれば、北東アジアの緊迫した情勢は火に油が注がれることになる。

 ●空母が肩並べアジア太平洋を闊歩

 米海軍第3艦隊は6日、空母「カール・ビンソン」が7日に母港を離れて最後の訓練を行い、6-8カ月にわたる西太平洋とペルシャ湾での任務に就くと発表。

 「カール・ビンソン」の公式サイトは関連ニュースの報道で、西太平洋に配備されるのは約5年ぶりだとしている。

 「カール・ビンソン」の公式情報によれば、全戦闘部隊からなる合同訓練の重点は「空母が生存する」技術にあるという。実施する演習では対潜水艦戦が重点となり、西太平洋地域の多くの国が保有する潜水艦の強大な能力はまさに、朝鮮半島の周辺海域に集まりつつあるところだ。

 米軍の最先端原子力空母の1つである「ジョージ・ワシントン」は長期にわたり東アジアに配備されており、ここにきて「カール・ビンソン」も加わった。米軍の二大空母が同時にアジア太平洋海域を闊歩するのは、戦争時代を除けば非常に珍しい。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古