2010年12月14日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:11:03 Dec 14 2010

新防衛大綱の中国対抗は常套手段

日本は敵対感情を募らせるべきでない

 日本防衛省は9日、新たな『防衛計画大綱』最終案の概要を発表した。この大綱は「対中国」的色彩が強くなっている。日本問題の専門家、庚欣氏はインタビューを受けた際、この新たな最終案の提出は特に珍しいことではないとした上で、日本は中国に敵対感情を募らせるべきではないと指摘した。環球網が伝えた。

 「微妙な時期」にある中日関係

 日本JCC新日本研究所の庚欣副所長は環球網記者のインタビューを受けた際、中日関係は現在一つの「十字路」に差し掛かっていると指摘した。船舶衝突事件以降、日本は中国との関係をどのように処理すればいいのか分からない状態にある。穏やかに友好に向かうべきか、それともこのまま悪化を続けて氷点まで堕ちるか、日本内閣におけるその方向性が定まっていないため、中日関係は「微妙な時期」にあるといえる。

 また、日本政府は現在「新人による試運転」段階にあり、政局が安定していない。米国は中日船舶衝突事件以降、アジア回帰によって再びアジアにおける地位の確立を企んでいるかと思えば、最近では朝韓砲撃事件が発生し、朝鮮半島ないし東アジア全体に「不協和音」が響いており、これら一連の出来事も日本政府が中日関係を処理する上での「厄介な問題」になっているという。

 防衛大綱の「中国対抗」路線は珍しいことではない

 庚欣副所長は、新たな『防衛計画大綱』の内容について更にこう指摘する。日本は「神経質」という「特性」を持っている。日本周辺のいかなる国のいかなる「行動」に対しても、「警戒」の態度で臨むのが日本のやり方である。中国の平和的台頭は日本にプレッシャーを与えており、日本人にとって中国は「いつ目覚めてもおかしくない獅子」のようなものである。同時に、日本民族特有の「危機感」も祟って、彼らは中国を大きな「脅威」として受け止めている。経済や文化など各方面での発展において中国から離れられない一方で、いつも中国に対し警戒しているのである。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古