2010年12月15日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:13 Dec 15 2010

菅直人首相「韓国出兵論」の意図

 日本の菅直人首相は先日、朝鮮半島有事の際に日本人救出のため自衛隊を韓国に派遣することを日本政府が検討していると発言した。菅首相のこの発言に韓国世論は「菅直人は朝鮮半島の緊張に乗じて火事場どろぼうを働こうとしている」など、ただちに強烈な反応を示した。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 仙石由人内閣官房長官は13日、韓国への自衛隊派遣の考えを否定し「われわれは何も知らない。いかなる議論もしていない」と述べ、菅首相のために火消しを図った。

 韓国メディアは次々に菅首相の「出兵論」を批判している。「韓国時報」は「菅直人のこのような発言は明らかに軽率かつ厚顔無恥だ。これによって朝鮮半島の緊張が誇張され、さらには激化するおそれもある」と伝えた。韓国のニュースサイトCOOKYは「たとえ安全保障上の事態が発生しても、かつて朝鮮半島を蹂躙した日本兵に再び韓国の土を踏ませることは考慮の範疇にない」と伝えた。

 「韓民族新聞」は「延坪島事件後、朝鮮半島情勢はすでに十分に緊張しているのに、隣国の首相がこのような発言をするとは、朝鮮半島の不幸に乗じて私利を図ろうとする日本の考えの表れだ」と伝えた。

「韓国日報」は「6月に70%だった日本の内閣支持率は最近は25%にまで落ち込んでいる。『半島出兵』は保守派の心を掴もうとする菅直人の『政治パフォーマンス』だ」と伝えた。

 韓中民間外交協会の李東鉄会長は「朝鮮半島の危機と対立は日本に折良く平和憲法改正の口実を与えた。朝鮮半島に危機が生じた場合、日本は朝鮮戦争の時と同様、経済的利益を得るだろう」としたうえで、「朝鮮半島に危機が生じた際、日本が負の作用を果たす可能性はさらに大きい」と指摘した。

 沖縄大学の中国専門家、劉剛氏は「朝鮮半島で大きな衝突が起きた場合、朝韓は破滅的な結果を直接蒙り、米中も活力を削がれるが、日本は火事場どろぼうを働くだろう。これは日本の多くの戦略家がはっきりとは口にしない『天機』であり、菅直人は一時的に我慢できず本音をもらしてしまったに過ぎない」と指摘した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年12月15日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古