2010年12月20日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:16:10 Dec 20 2010

楊潔チ外交部長、2010年の国際情勢を語る

 楊潔チ外交部長はこのほど人民日報の取材に応じ、2010年に起きた国際情勢の変化の大きな特徴として次の5つを挙げた。

 (1)世界経済は緩やかに回復しているが、その脆弱性と不均衡性も一層明らかになってきている。世界経済・金融には依然リスクが残り、保護主義が激しくなり、開発問題が一層際立っている。各主要経済国は経済成長パターンや管理パターンの再考・調整を急ぎ、新たな発展の要衝をめぐる競争や調整を強化し続けている。

 (2)国際パワーバランスは次第に均衡へと向かっている。新興経済国は台頭を加速し、段階的前進と集団台頭の力強い勢いをつくり、先進国との実力差をさらに縮めた。「BRICs」4カ国、「BASIC」4カ国などの強力枠組みを強化し続け、国際的な影響力や発言権を高めた。

 (3)世界経済ガバナンスの制度改革が踏み込んで推し進められた。発展途上国が比較的対等な立場で世界経済ガバナンスに参与するようになり、国際システムはより公正で合理的な方向へ発展した。G20サミットは危機対応の枠組みから長期的な経済ガバナンスの枠組みへの転換過程にあり、その作用と影響力が各国から重視されている。国際通貨基金(IMF)や世界銀行の改革も前向きに進展した。

 (4)国際安全保障情勢が一層複雑化した。世界全体の平和への大きな流れはより確かになったが、従来型・非従来型の安全保障問題が交錯し、安全保障上の脅威はさらなる多様化、複雑化へと向かっている。アジア地域は全体的に安定しているが、安全保障上の試練が増加し、朝鮮半島情勢が緊張し、焦点となる問題が時折激化している。いくつかの国では政局が揺れ、安全保障情勢に影響を与える要素がさらに複雑化している。

 (5)世界的に思想活動が活発化している。深いレベルでの金融危機の影響がさらに顕在化するにつれ、世界的に思想・文化面での再考・交流・調整が非常に活発化している。各国は次々に新しい理念や主張を打ち出している。異なる文明や発展モデルが学び合い、交流し、参考にし合う趨勢がさらに明らかになっている。

 楊部長は「国際情勢の複雑で深いレベルの変化は、中国にかつてないチャンスと試練をもたらした。中国外交にとって今年は試練の年であり、進取の年でもあったと言える」と指摘した。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年12月20日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古