2010年12月22日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:43 Dec 22 2010

日韓は米国から何を得てきたのか

 朝韓砲撃事件の発生を受け、北東アジアの政治・安全保障情勢はにわかに一変した。米日韓は軍事、外交、情報面で急速に連携を強化している。米国は韓国軍による延坪島周辺での海上射撃訓練を公然と支持した。朝鮮半島の危機の中で韓国を支持することは、米国の利益により合致するからだ。米国はさまざまな大義名分を楯に、形を変えて自国に有利な環境を創り出し、韓国と日本を陥れるための盛大な宴を用意している。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 歴史的に見て、米国に従うことの苦楽を韓国も日本も身をもって知っている。日本はプラザ合意後に経済不振に陥ったし、沖縄では在日米軍の暴行に民衆が抗議している。韓国は08年に牛肉騒ぎがあったし、最近では朝鮮半島情勢が緊張している。いずれも韓日が割に合わない思いをしている。今回は例外ということがあるだろうか?(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年12月22日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古