2010年12月28日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:21 Dec 28 2010

前進が求められる中米関係

 過去1年間の中米関係を振り返ると、協力が対立を圧倒したと言えよう。中米関係の対立を画策しようとする者はまだいるが、その効果と影響は減退しており、本流は依然として協力だ。協力は両国に目に見え、手に触れることのできる利益をもたらした。これは両国の利益と世界の平和・発展の大勢に合致する。

 今年の中米関係を見ると、米側の懸念には人民元相場、貿易不均衡、在中企業への平等な待遇、知的財産権、中国の軍事力とネットの自由などがあった。中国側の懸念には台湾への武器輸出、オバマ大統領とダライ(ダライ・ラマ14世)との面会、南中国海問題、ハイテク製品輸出規制などがあった。これらの問題のうち、経済貿易関係の大部分には一定の進展があった。たとえば在中米国企業の待遇、米国の対中ハイテク製品輸出、知的財産権などの問題では、米国は中国をいくらか上回る実益を得た。

 中国側の懸念する米国による台湾への武器輸出問題は中国の核心的利益に関係し、今年初めの中米関係に波瀾をもたらした。この種の問題の「周期的発作」の程度は以前ほどではないが、明らかに中米関係を損なうものである。

 今年の中米関係におけるもう1つの際立った点は、双方がグローバルな舞台でより頻繁に接触や協議をしたこと、中米首脳・上層部間の複数回の会談がほぼいずれも多国間外交の場で行われたことだ。中米両国はいくつかの重大な国際問題において立場が完全に一致しているとはいえず、グローバル経済・金融管理体制改革の推進方法において相違点が多いし、アジア、アフリカ、中南米での競争もさらに激しくしているが、全体的には依然として協力姿勢を維持している。

 現在の中米関係に見える大きな特徴は依然として駆け引きであり、その面積はさらに広く、程度はさらに強くなっている。いかにしてこの駆け引きにおける非協力的要素を排除し、協力的要素を強化するかが、将来の中米関係にとって大きな挑戦となる。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古