2010年12月29日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:17:15 Dec 29 2010

米空母3隻の西太平洋集結について 外交部

 外交部の定例会見で18日、姜瑜副報道局長が質問に答えた。

 --報道によると米国は原子力空母「ロナルド・レーガン」を東アジア海域に派遣する。これによって米空母3隻の戦闘群が西太平洋に集結するため、朝鮮半島の緊張が一層激化するおそれがある。これについてコメントは。

 現在アジア太平洋情勢は全体的に安定している。必要なのは緊張ではなく緩和、対立ではなく対話、戦争ではなく平和だ。これは域内諸国の共通の利益に合致し、各国民の共通の願いでもある。われわれは関係国が責任ある姿勢で、地域の各国間の相互信頼の強化、地域の平和と安定に寄与することを多く行うことを希望する。これに相反することをするのではなくだ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2010年12月29日

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古