2011年1月4日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:08:39 Jan 04 2011

民主党内外共に苦戦状態 菅首相の辛い年越し

資料写真:困っている菅直人首相

 2011年の新年が迎えられ、日本がどこもかしこも正月の賑わいを見せる中、菅直人首相率いる民主党だけは悶々としていた。

 小沢一郎氏との内乱は決着が付かず、救いの手だった連立政権の要請も拒否され、悲惨な支持率は日々最低記録を更新している…「新しい年が来れば新しい風が吹く」という言葉も民主党には何の役にも立たない。菅直人政権と民主党は心に思い荷物を抱えたまま2011年を迎えることになった。

 党の分裂に繋がる小沢問題悪化

 政権の汚点である「政治とカネ」問題を終わらせるために、民主党幹部は小沢氏の衆院政治倫理審査会(以下政倫審)への出席を再三にわたって求めたが、小沢氏は頑なに拒否していた。

 12月27日、民主党は役員会を開き、来年1月の通常国会の開会までに、小沢氏の政倫審への招致について党として議決することを決めた。菅首相は、もし小沢氏が政倫審への出席を拒否すれば、「出処進退」に関わると言及した。

 民主党内での反小沢派と親小沢派の全面戦争は一触即発の状態で、このままでは党の分裂は時間の問題である。

 「条件付」投降 ただでは負けない小沢

 誰もが民主党の「内戦」激化を覚悟した時、流れは突然変わった。12月28日、小沢氏は政倫審に出席し、自ら説明責任を果たす意向を表明した。

 小沢氏が態度を軟化させた背景には、党内からの「離党勧告」という強制的な圧力があったからだと専門家は言う。

 しかし、小沢氏は「無条件」で負けを認めたわけではない。彼は政倫審に出席する時期について条件を出している。報道によると、小沢氏は野党が要求している仙谷官房長官の更迭を出席の前提条件とした。「国会審議が円滑に進む」事を「国会開会中の出席」の条件にして、「反小沢」急先鋒である仙谷官房長官の排除を菅首相に要求した形になった。

[1] [2]

  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古