2011年1月11日    メールマガジン登録I-mode登録中国語版日本版
人民網日本株式会社事業案内  更新時間:15:05 Jan 11 2011

李克強副総理がスペイン、ドイツ、英国訪問へ

 李克強副総理は4日から12日にかけてスペイン、ドイツ、英国を公式訪問する。この重要な訪問によって中国とEUの包括的戦略パートナーシップは再び新たな段階へと押し上げられる。新華社のウェブサイト「新華網」が伝えた。

 中国とEUは外交関係樹立以来、建設的パートナーシップから包括的パートナーシップへ、さらに包括的戦略パートナーシップへと、その関係を急速に発展させてきた。双方の経済貿易協力は着実に強化され、世界で最も活力に満ちた、影響力に富む経済貿易協力の1つとなっている。現在世界経済は世界金融危機の影響から徐々に脱しつつあるが、回復のプロセスはなお不均衡であり、将来的な不確定性も抱えたままだ。こうした時期における李副総理の欧州3カ国歴訪は、各分野における中国とEUの実務協力を促進するものであり、双方のみならず世界経済の回復と発展にとっても重要な意義を持つ。

 第1に、中国とEUは世界金融危機の悪影響を克服し、世界経済の力強く、持続可能で、バランスある成長を促すために引き続き協力すべきだ。

 第2に、中国とEUは各分野の実務協力を深めるために積極的な措置を講じるべきだ。

 第3に、中国とEUは国際社会の重要なパワーとして、協調を強化し、国際経済・金融体制改革を推進し、世界経済ガバナンスを改善し、世界経済の持続的な発展と永続的繁栄を確保すべきだ。(編集NA)

 「人民網日本語版」2011年1月4日

関連記事
  評 論
  中国メディアが見る日本 
  おすすめ特集

地方情報

北京|天津|上海|重慶|吉林|遼寧|河北|山西|山東|河南|江蘇|浙江|安徽|福建|江西|湖北|湖南|広東|広西|海南|四川|貴州|雲南|西蔵|青海|陝西|甘粛|寧夏|新疆|香港|澳門|台湾|黒竜江|内蒙古